ブログの書き方 プログラミング

【WordPress】PageSpeed Insightsのスコアを44→85にした私がやっていること【高速化】

投稿日:

こんにちは、犬です。

ブログ初心者の私が、GoogleのPageSpeed Insightsのスコアを40点代から85点まであげることができたので、それまでにやったことをまとめておきます。
GoogleのPageSpeed Insightsのスコアは、ページを表示するスピードを評価したものです。このスコアが高いと、SEO(検索エンジン最適化)の効果もあり、PV数の増加にもつながります!

内容

・レンダリングを妨げるリソースの除外

・プラグイン:Autoptimizeのインストール

・プラグイン:EWWW Image Optimizerのインストール

・長い記事のページを分割(改ページ)

・余計なプラグインの削除

 

レンダリングを妨げるリソースの除外

Webログさんの記事を参考にしました。

ここで行う、「レンダリングを妨げるリソースの除外」とは、ページの表示を妨げている処理を後回しにし、ページの表示を最優先にすることです。

テーマのための関数(function.php)の一番下に、 以下のコードをコピペします。
※読みにくいですが、正しくコピペできます!

//遅延設定
if ( !(is_admin() ) ) {
function replace_scripttag ( $tag ) {
if ( !preg_match( ‘/defer/’, $tag ) ) {
return str_replace( "type=’text/javascript'", ‘async’, $tag );
}
return $tag;
}
add_filter( 'script_loader_tag', 'replace_scripttag' );
}

Webログさんの記事は、一部の文字が全角になっていたので修正しました。

 

プラグイン:Autoptimize

Autoptimizeというプラグインをダウンロード、インストール、有効化します。
Autoptimizeは、ソースコードを圧縮し、ページを表示する際に必要な通信量を小さくします。

プラグイン:EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizerというプラグインをダウンロード、インストール、有効化します。EWWW Image Optimizerは画像のサイズを最適化し、ページを軽くしてくれます。

長い記事のページを分割(改ページ)

長い記事があると、読み込みに時間がかかってしまうので、改ページを導入し、表示時間を短縮します。

WordPressの改ページの導入方法とデザインの変更方法はこちら

余計なプラグインの削除

プラグインの数が多いと、ページを表示する際の処理が多くなってしまい、遅くなってしまいます。
重要でないプラグインを削除し、サイトを軽量化しましょう。
また、自分でコーディングできるものは、自分でコーディングしましょう。

 

ブログの書き方に関する記事一覧はこちら

プログラミングに関する記事一覧はこちら

-ブログの書き方, プログラミング,

Copyright© ささやき回廊の犬と猫 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.