研究室生活 研究(勉強と実験) 院試

猫様が規則正しい生活をする理由&今の研究室を選んだ理由

更新日:

こんばんは。すずかけ台のお猫様ですww

猫様が生活リズムを崩さない理由と今の研究室を選んだ理由をお話ししましょう。

自画自賛ですが、最近この絵が気にいってます( ̄▽ ̄)(猫様は三毛ではありません)

研究室によっては本当に自由で昼に行ったり夜に行ったりと不規則な生活になりがちです。猫様には今の研究室みたいにある程度時間が決まっているほうがあっているように思います。猫様の少ない経験では不規則な生活をしている人を見ているとこんな印象を受けます(といっても既に3つの研究室を経験しているww)

  • 睡眠リズムが崩れて研究室の行事やメンバーとの約束がおろそかになる
  • 先生と会えず、進捗が悪くなる
  • メンバーや先生との信頼関係が築けない
  • 研究室内の情報が入ってこない
  • 体調を崩しやすい
  • 不健康にみえる(顔色が悪い、太りすぎ、清潔感がないなど)

学部4年や院生は授業が少ないため、本当に不規則になりやすいです。猫様は、どんなに寝坊しても10時台の電車には乗るというルールを作って守っています。

どの研究室でも、先生や先輩とのコミュニケーションが大切です。嫌になってしまった前の研究室では、みんな結構不規則な生活をしていて、約束をしてもすっぽかされたり、大幅遅刻はいつものことでした。猫様も当時は人のことを言えるような生活をしていたわけではないのですが、これには飽きれ気味でした。

このことがあって今の研究室を選ぶとき、研究室の活動時間を気にしました。活動時間が自分のライフスタイルに合うか合わないかはかなり重要です。そして、テーマも指導してくださる方と猫様が研究室にいる時間が一番合う人を選びました。

研究室を選ぶときは、やりたいことは重要ですが、学生の生活リズムも結構重要な要素だとおもいます。 (特に実験系)

研究室を選ぶとき、研究室に一番人が多い時間を聞いてみるといいでしょう。もし可能なら、それとなく観察してみましょう。

以上、ブラック研究室からサバイブした猫様でした。

 

そろそろ犬も記事かけー( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

 

-, 研究室生活, 研究(勉強と実験), 院試

Copyright© ささやき回廊の犬と猫 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.