研究室生活 院試

【ブラック研究室脱出劇】長い正月休みが終わった・・・

更新日:

ニャース( ̄▽ ̄) 猫です。

ようやく研究室脱出劇に終わりが見えてきました。

来月からすずかけ民となります。

今年の正月休み、長かったなあ。

でも、あまり休んだ気がしません。

 

何で前の研究室に嫌気がさしたのか書きだしてみると

1.破綻している研究テーマが多すぎる

2.初心者にマニュアルだけ見せて無理やり実験させる(それで出来たら苦労しないわい)

3.研究室の実力の割に手を広げすぎている

4.学生に方針を押し付ける。自分で考えても「それは研究室の方針じゃない」と突っぱねられる

5.学生は実験をするだけの操り人形になっている

6.狂員の言う通りに実験をして奴の思い通りの成果が出ないと学生を罵倒する

7.何を言ってもけんか腰。かと思えば妙に親しげに絡んできたりして正直つかれる

8.学生に過度な仕事を押し付ける

9.研究室の士気がない

ざっとまあこんなところです。猫様は危険を感じて逃げてたから見てないだけで実際はもっとやばいと思います。いるはずのドクターも見たことないし、内部のM1も辞めちゃうし。

前の研究室は、凶授のテーマに固執しすぎて行き詰っていて、研究室メンバー全員の首を絞めているような状態でした。学生は当然どんどん入れ替わっていくので、M2はM1、B4に満足に教えられず、どんどん途絶えてしまったものが増えていました。さらに、学生室は2つの研究室共同で使用しており、実際は准凶授が2つの研究室を切り盛りしているような感じでした。

もうさ、凶授なんてさ、ほぼご隠居様なんだからさ、ここで一旦今の状態の研究室で無理なくできるテーマに変えたほうがいいと思うんだわ。装置は多少古くてもいいから、技術職員を雇ってほしい。前の大学では、測定機器は多少古かったけど、何不自由なく使えてたよ。

そして、研究室を分けよう。そもそも、凶授が自分の研究室の学生の面倒を見ないのはおかしいじゃないさ。そのせいで准凶授がいっぱいいっぱいになって、准凶授の研究室の人間が満足に指導を受けられないのはもっとおかしい。

最後に言わせてもらおう。

詐欺師どもが。

あんたたちには出来のいいオツムがのってんだろ。立て直すには、みんながハッピーになるように考えるまでだ。

 

そして、苦しんでいる学生は

とにかく逃げてください。

やる(=研究室を変える、前の大学に戻る、訴える)か、やられるか。

研究室ごときで人生を棒に振りたいかい?

嫌なんだったら、躊躇なくやるまでさ。

 

それでは、皆さんに幸あれ

 

研究室に関する記事一覧はこちら

院試に関する記事一覧はこちら

-, 研究室生活, 院試

Copyright© ささやき回廊の犬と猫 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.